Cloud Front の invalidation が有料だなんて知らんかった

広告

AWS からお知らせが来て、Cloud Front の Invalidation にワイルドカード指定ができるようになったらしい。

Invalidation とは、各サーバにキャッシュされたファイルを削除して、新しいファイルが配信されるようにすることです。

Invalidation しないとキャッシュサーバに古いファイルが24時間ぐらい残っているので、元ファイルを更新してもエンドユーザには古いファイルが配信されます。

今までは、ファイル一つ一つを指定して Invalidate していたものが、今回ワイルドカード指定で、例えばあるディレクトリの下のファイル全部、というような指定のしかたができるようになったとのこと。

で、このお知らせに書いてあったのが、Invalidation には費用がかかるということ、最初の1000回は無料だが、それ以降は 1 invalidation 毎に $0.005 かかるそうな。

そんなの知らんかったなぁ。。。

まぁ、私の場合は機械的に Invalidate したりしていないので特に影響は無いのですが、大量に Invalidation する際は注意しましょう。

ワイルドカードを使った場合、該当するファイルがいくつになっても 1 Path 1 Invalidation とカウントするようですので、ワイルドカードを効率的に使えば安くすませられるかもしれません。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>